ニキビ跡に効果的なレーザー治療|パッと美肌ゲット

女性

治療法で迷った場合は

顔のシワ

どんな治療法があるのか

ニキビ跡は中々治りにくく、レーザー治療で治療をしようと考えている人もいると思います。しかし、レーザー治療にはいくつか種類があり、どの治療を受けたら良いのか分かりづらいです。いずれ、医師から説明されると思いますが、病院を選ぶ際にも参考になるので、ニキビ跡の治療のことについて、知識を身に着けておくことをおすすめします。ニキビ跡のレーザー治療法で有名な4種を紹介します。「フレクセルレーザー」と「ブリッジセラピー(アンコア)」と「炭酸ガス(Co2)レーザー」と「クールタッチレーザー」があります。もちろん、これらは治療法が異なるだけではなく、治療するのに必要な回数や料金も異なりますので注意してください。

治療法の種類

フレクセルレーザーは、ニキビ跡の治療の中ではもっとも一般的なやり方で、肌表面に小さな穴を無数にあけ、皮膚細胞の入れ替えを行うという治療法。皮膚を切らないで行う治療なので、手術跡が残りません。最近では、痛みも少なくなってきました。ブリッジセラピーは基本的にはフレクセルレーザーと同じですが、ブリッジセラピーでは炭酸ガスを使用します。そのため、より深い所まで治療できます。炭酸ガスレーザーは、クレーターの角を削り、表面を滑らかにして目立たなくする治療法です。早く治すことが出来ますが、医師の技術によって結果が変わるので、病院選びは入念に行うことをおすすめします。クールタッチレーザーは、-30°の冷却ガスを噴射しながら行う治療です。肌の痛みや傷はほとんどありません。